【野口智博BLOG】8.27レッスン振り返り「重い負荷とマインドーマッスルコネクション」

8.27レッスン振り返り

重い負荷とマインドーマッスルコネクション

今週はプルアップに関する書き込みが沢山みられましたが、

プルアップや、水中のスクワットジャンプって、日本の多くのスポクラのプール環境であれば、

大概どこでもできるものですよね。

なので、ご興味のある方は、練習会に出た方に指導してもらってください。

全国の様々なプールで「プルアップ教」が広まると楽しいですよね(笑)。

今回、「ネガティブ」(いわゆるエキセントリック収縮)で刺激を入れてみました。
思ったより、背中への意識が高まったようで、やってみてよかったなあ…という感じです。

ネガティブでゆっくり動かす時に、脳から筋への司令の頻度が高まるので、使っている筋が意識がしやすいんですけど、ここまでで終わってしまうと、実際のレースでは使えないままで終わってしまいます。

なので、後半の6本の時には、「床を足で少し蹴ってアシストしても良いので、速い収縮で」というのを入れました。
前半に筋への意識を強くしたところで、後半は実際の泳ぎのテンポに近い速さで、同じ動きをくりかえす…という感じです。
今回来られなかった方は、ぜひ皆さんのリフレクションを読んでいただき、対策練習をしておいてください(笑)。

来週も、取り入れたいと思います。

ジャパンマスターズやスポマスが中止になるなど、依然として夜明けが見えない状況が続きますが、

ひたすら泳ぎを磨き続けて、その時を待ちましょう!

コメントを残す