コーチングスタッフ

コーチングスタッフ

野口智博(のぐちともひろ)

【 プロフィール 】

1966年島根県生まれ。日本大学文理学部体育学科卒。
日本体育大学大学院トレーニング科学系修了(体育科学修士)
400m自由形、4×50mリレー、 4×200mリレー 元日本記録保持者。
1991年世界選手権400m自由形15位。
2010年まで日本大学水泳部総合コーチとして、2005~2007年まで日本学生選手権男子総合3連覇に貢献。また、1994年よりテレビ解説を務め、シドニー、アテネ、北京ではテレビ・ラジオ解説も務めた。 現在は日本大学文理学部教授として、水泳・スポーツトレーニング研究に励む傍ら、スポーツ指導者養成、体育教員養成に努める

【 所属学会等 】

日本体育学会(体育方法専門領域)理事、日本コーチング学会理事、
日本水泳・水中運動学会会員、日本水泳連盟科学委員、日本体力医学会会員。

【 取得資格 】

日本体育協会水泳上級コーチ NSCA-CPT
(アメリカストレングス&コンディショニング協会認定、パーソナルトレーナー)

吉谷玲奈(よしたに れいな)

【 プロフィール 】

東京都生まれ。日本大学芸術学部卒。

5歳から水泳を始め、ジュニアスイマーの頃から頭角を現し、JOの常連として輝かしい成績を残す。 JOでの優勝、インターハイ3位、インカレでの活躍、国体の東京代表として3位に輝くなど、17年間の現役生活では競技者として十分な成果を上げた。学生時代には、水泳競技と勉学を両立させ、大学では教員免許も取得するなど、体育会系に染まらない文武両道の優等生である。
主にプライベートレッスンを担当しているが、明るく朗らかな人柄で、ジュニアスイマーの気持ちに常に寄り添い、ひとりひとりにあった声かけ、泳ぎの説明をするその指導力は、フリースタイルの中でも屈指の高さを誇っている。1回のレッスンでも十二分にその成果が見えるほど上達するので、全国から吉谷コーチのレッスンを受けたいとジュニアスイマーが列をなすほど。指導を見守られていた保護者の方から「子どもの泳ぎが明らかによくなりました!コーチ、何か泳ぎの魔法をかけたのですか?」とのお言葉をいただいたことがある。水の中の指導だけでなく、食事の大切さや試合までの過ごし方、フィジカルの鍛え方なども折に触れて話してくれるので、子どものやる気スイッチも入り、その後の試合で自己ベスト更新を頻発する選手がとても多い。

【主要大会成績】

第19回全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会 10歳以下 50mバタフライ 優勝
第21回全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会 11~12歳 50mバタフライ 優勝
第25回全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会 15~16歳 50mバタフライ 第2位

平成15年度 東京都高等学校総合体育大会 100mバタフライ 優勝
平成15年度 第71回全国高等学校総合体育大会 100mバタフライ 第3位
第81回日本選手権水泳競技大会 100mバタフライ 第7位

平成14年 第57回国民体育大会 少年女子A 100mバタフライ第3位
平成14年 第57回国民体育大会 少年女子A 400mメドレーリレー優勝
平成15年 第58回国民体育大会 少年女子A 100mバタフライ第3位
平成16年 第59回国民体育大会 成年 400mメドレーリレー優勝
平成17年 第60回国民体育大会 成年 400mメドレーリレー優勝(大会新)
平成18年 第61回国民体育大会 成年 400mメドレーリレー第2位(大会新)
平成19年 第62回国民体育大会 成年 100mバタフライ第4位
平成19年 第62回国民体育大会 成年 400mメドレーリレー優勝