HOME  >  水泳コーチングスタッフ

水泳コーチングスタッフ

水泳初心者から、未来のオリンピック選手まで、
それぞれに合った最高のトレーニングを提供します。

水泳コーチングスタッフプロフィール

野口智博(のぐちともひろ)

野口智博(のぐちともひろ)

1966年島根県生まれ。日本大学卒。日本体育大学大学院トレーニング科学系修了(体育科学修士)
400m自由形、800mリレー元日本記録保持者。1991年世界選手権400m自由形15位。
2010年まで日本大学水泳部コーチとして、2005~2007年まで日本学生選手権男子総合3連覇に貢献。また、1994年よりテレビ解説を務め、シドニー、アテネ、北京ではテレビ・ラジオ解説も務めた。
現在は日本大学文理学部教授として、水泳・スポーツトレーニング研究に励む傍ら、スポーツ指導者・教員養成を手掛ける。

【 所属学会等 】
日本体育学会(体育方法専門分科会)理事、日本コーチング学会(事務局長)、
日本水泳・水中運動学会会員、日本水泳連盟科学委員、日本体力医学会会員。
【 取得資格 】
日本体育協会水泳上級コーチ
NSCA-CPT(アメリカストレングス&コンディショニング協会認定、パーソナルトレーナー)
【 ブログ 】
野口智博公式ブログ 『ちょっと聞いてみよう』

鈴木淳也(すずきじゅんや)

鈴木淳也(すずきじゅんや)

1979年静岡県生まれ。日本大学文理学部卒 日本大学大学院(教育学専攻)修了(教育学修士)
これまで、野口智博の指導アシスタントを学内外で務め、その指導者としての経験と実績を重ねている。 まさに野口智博の秘蔵っ子。中学、高校時代には、バタフライで国体出場、大学ではライフセーバーとして人命救助のテクニックを磨きながら、ライフセービングの全日本選手権「ラン・スイム・ラン」で上位に入賞するなど、競技経験も大変豊富で、且つ安全管理においても細かな気配りや応急処置などの対応ができる。
現在は、非常勤講師として水泳の授業を担当する日本大学文理学部を拠点に、理工学部、生産工学部、法政大学、実践女子大学では、一般教養の保健・体育系授業を担当。また国士舘大学の臨海実習にも講師として教育活動を行うなど、幅広く体育・スポーツ全般の指導にあたっている。

【 所属学会等 】
日本体育学会(体育方法専門分科会)会員、日本コーチング学会理事(事務局)、
日本水泳・水中運動学会会員
【 取得資格 】
日本水泳連盟公認コーチ
健康運動指導士
中学・高等学校教員免許、中学・高等学校専修教員免許
【 ブログ 】
鈴木淳也の指導日記『戦国武将ブログ』

伊藤俊輔(いとうしゅんすけ)

伊藤俊輔(いとうしゅんすけ)

1986年東京都生まれ。日本大学文理学部入学後、野口智博先生が顧問を務めるライフセービングサークルに所属し、水泳指導を学びながらライフセービング競技会にも参加。
水難事故を防ぐためのライフセービング活動の重要性を海岸での実地活動などを通し、身を持って学ぶ。
大学卒業後は本格的に競技力向上のためのトレーニングをスタート。FREESTYLEで自身のレベルアップのためのトレーニングをトップスイマーと共に行 いながら、水泳指導の現場に立ち、水泳普及のための活動に尽力している。また館山LSCでは同じ志をもった仲間と共に合宿やトレーニングを定期的に積みな がら競技会に参加。現在は、来年エジプトで開催が予定されるライフセービングの世界大会を目標に精進している。
ライフセーバーとしては千葉県館山海岸でのライフセービング活動に2008年夏も従事。チーフスタッフとして現場を取り仕切り、館山海岸を水難事故ゼロに守ることができた。

【 主要大会成績 】
第23回  全日本学生ライフセービング選手権 オーシャンマン3位、オーシャンマンリレー1位
三洋物産インターナショナルライフセービングカップ2008 U-22  日本代表
第22回  全日本ライフセービング種目別選手権 サーフレース1位、オーシャンマンリレー1位
三洋物産インターナショナルライフセービングカップ2009 U-22  日本代表
19TH  インターナショナルジャーマンカップ2009 日本代表
【 ブログ 】
伊藤俊輔公式BLOG

マスターズスイマー

プライベートレッスン

ジュニアスイマー

  • Mail
  • Facebook
  • Twitter
  • PAGETOP